腕時計ダニエルウェリントン通販※評判の人気モデルと人気サイズ

ダニエルウェリントンの腕時計の概要と選び方

ダニエルウェリントンの腕時計は最近もっとも人気の高い海外ブランド腕時計の一つと言っていいでしょう。

 

おしゃれな感じの人が持っているというイメージがかなり強くあります。

 

フォーマルな集まりには向いていないのですが、ちょっとしたカジュアルな、またはセミフォーマルな集まりなどにさり気なくダニエルウェリントンの腕時計をしている人を見かけることがあれば、その人にはおしゃれな人という評価は確実につくことでしょう。

 

ダニエルウェリントンの腕時計は見た目にはかなりシンプルですが、気品が漂い、腕につけている人までも上品の見せる上質感にダニエルウェリントンの腕時計をほしいと考えている人は少なくないでしょう。

 

 

人気の高いダニエルウェリントンの腕時計なのですが、2011年にスウェーデンで創設された時計メーカーですから、スイスなどの老舗のブランドのメーカーの創業数百年と比べるとできたばかりの会社で腕時計のブランドしてはとても若いブランドであるといえるでしょう。

 

ダニエルウェリントンの腕時計のムーブメントは日本の有名な時計メーカーのシチズンの子会社が作っていることからムーブメントの信頼性は高くなっています。

 

しかし、特徴的な布製のベルトと革ベルトは中国で製造しており、時計の組み立ても中国で行っていることから、スウェーデンの時計ということですが、多国籍の技術が使われている時計であるという言い方もできるかもしれません。

 

 

ダニエルウェリントンという名称から創業者がダニエルウェリントンという名前であるのではないかと勘違いされていることもありますが、ダニエルウェリントンが人名であることは間違いありませんが、ダニエルウェリントンという人物は創業者ではありません。

 

 

それにダニエルウェリントンは2011年にスウェーデンどの創業ですが、日本での販売が開始されたのは2014年のことですから、まだ発売されてからほとんど時間が立っていないのに人気が高くなったのは雑誌や有名人のブログなどでダニエルウェリントンの腕時計が取り上げられたことに起因します。

 

しかし、それはダニエルウェリントンの腕時計がおしゃれでファンション性が高いことが日本人の美的センスに好まれたことも間違いない事実なのです。

 

そして、このデザインと機能を持ったダニエルウェリントンの腕時計は品質に比べるとかなりリーズナブルな価格設定だと言うことも日本での人気の高さに結びついているのも間違いないでしょう。

 

 

ダニエルウェリントンの腕時計の一番の特徴はシンプルなフェイスにあると言っていいでしょう。

 

時計のフェイスには装飾らしい装飾はほとんどなく、非常に見やすいフェイスであることがわかります。

 

ロゴマークもダニエルウェリントンの「DW」のDのアルファベット部分を左右逆の鏡文字にして、普通にWを付け加えただけのシンプルなロゴマークですし、プラスしてロゴマークの下に社名のDaniel Wellingtonの文字が入っているだけです。

 

ほとんどのモデルがクラシカルなイメージを持っている腕時計なのですが、もちろんそれだけではなく、そこにモダンさと北欧デザインが取り入れられており、クラシックながら見た目の新鮮さも感じられるデザインとなっています。

 

 

ベルト部分はほとんどのモデルが革ベルトを使用していますが、一部にメッシュの金属製のベルトを利用しています。

 

そして、もう一つのベルトがダニエルウェリントンの腕時計の大きな特徴となっているマルチカラーの丈夫な布を使ったベルトでダニエルウェリントンの腕時計ではベルトだけを別に購入できるシステムも持っていることから、場面に合わせてベルトを変えるという使用方法も楽しそうです。

 

 

ただし、ダニエルウェリントンの腕時計を購入する際に少し注意したほうが良い点があります。

 

 

男性用のダニエルウェリントンの腕時計はフェイスサイズが40ミリタイプと36ミリタイプがラインナップされていますが、日本人の男性にとっては40ミリフェイスは大きすぎることがほとんどです。

 

その理由はスウェーデンは男性の平均身長が180センチを超える国ですから、腕も太い男性が多いですから、日本人の体格からすれば36ミリフェイスでも大きめと言っていいのです。

 

40ミリフェイスを選ぶ人はかなり身長の高い人や体格のいい人、手首の太い人などと限られてしまいます。

 

ただし、大きい目のフェイスの腕時計が好みであるという人はそうすればいいでしょう。

 

 

女性用のダニエルウェリントンの腕時計のフェイスサイズは26ミリタイプだけとなりますが、はっきりいいますとダニエルウェリントンの26ミリフェイスの腕時計ではダニエルウェリントンの良さが半減してしまいます。

 

大きいフェイスこそがダニエルウェリントンのデザインの良さを体現できるからです。

 

そこで選ぶならば女性でも36ミリフェイスの大きい目のダニエルウェリントンの腕時計にすればどうでしょうか。

 

ちょっと格好いいかもしれません。

 


ダニエルウェリントン 腕時計はなぜ魅力的?

ダニエルウェリントンというブランドをご存知でしょうか。

 

2011年に生まれた新しいブランドなので、あまり馴染みのない方もいるかもしれません。

 

しかし、今や世界中の紳士の心を射抜いているブランドなので、特に腕時計に興味のある方は詳細について調べてみましょう。

 

 

 

ダニエルウェリントン 腕時計の特徴とは
ダニエルウェリントン 腕時計が持つ最大の特徴は、デザインのシンプルさにあります。

 

腕時計のデザインは千差万別ですが、中には奇抜すぎてなかなか手が出せないタイプもあるでしょう。

 

特にビジネスにおいて、奇抜な腕時計は基本的に歓迎されません。

 

そこで、ダニエルウェリントン 腕時計の登場です。

 

紳士に似合うようにとデザインされているこのブランドは、シンプルかつアダルトな雰囲気を醸し出す腕時計として製造されているのです。

 

そのため、スーツにも似合いますし、カジュアルな服装でもマッチすることは珍しくありません。

 

どんなシーンでも使いやすい伝統を再現した腕時計といえるのです。

 

 

 

イヤミのないデザイン
腕時計を付けていると、装飾がゴテゴテしてしまい何だかイヤミな雰囲気を醸し出すこともあるでしょう。

 

しかし、ダニエルウェリントン 腕時計にはそのような雰囲気はありません。

 

むしろ、不要な装飾品を付けずシンプルなデザインで人気を博しているブランドなので、シュッとした雰囲気を醸し出すために一役買っているのです。

 

秒針のないデザインも設計されており、時計として必要最低限の機能を持ちながらも魅力的なデザインとなっているのです。

 

 

 

ダニエルウェリントン 腕時計と取り換えバンド
腕時計にありがちなミスとして、腕周りのサイズと腕時計のサイズが合わないケースが考えられます。

 

その場合、なんだか不格好な腕時計になりがちなのですが、ダニエルウェリントン 腕時計のレザーベルトは脱着しやすいデザインが施されているため、専用工具を使えば簡単に付け外しできるのです。

 

そのため、購入したけど腕周りのサイズと会わなかった、というケースを避けられるのです。

 

今はネットで購入する方法が主流であるため、こうしたズレは起きやすくもあります。

 

そうした事態に対応できるブランドというのは、それだけでありがたい存在といえるのではないでしょうか。

 

 

 

クラシックなモデルについて
ダニエルウェリントン 腕時計は古き良き英国紳士をイメージしてデザインされたといわれている通り、クラシックなデザインが人気を博しています。

 

メンズ腕時計にありがちなのが、サイズが大きく腕時計自体が主張しているかのようなデザインですが、そうしたデザインを避けている方は多いのではないでしょうか。

 

もしその傾向があるのなら、ダニエルウェリントン 腕時計は魅力的でしょう。

 

クラシックで主張することのないデザインは、どんなファッションでも溶け込める自然さがあるのです。

 

レザーベルトでも時計の盤面でも、それは変わらないクラシックさなのです。

 

 

また、ダニエルウェリントン 腕時計は薄く作られていることが多く、それも服装に溶け込みやすい特徴となっています。

 

主張しすぎることがないうえに、上品さをアピールできるこの腕時計は、まさに英国紳士を体現した腕時計といえるでしょう。

 

 

 

ペアで付けることも可能
ダニエルウェリントン 腕時計が持つさらなる魅力は、ペアで付けるとしても魅力的であることです。

 

今や腕時計は男性だけのものではなく、女性でもお洒落の一部として認識されていますが、ダニエルウェリントン 腕時計はまさにそうしたユニセックスな腕時計といえるでしょう。

 

そのため、ペア腕時計としてプレゼントしても魅力的です。

 

先ほど挙げたように、この腕時計はあまり主張しすぎることなくその存在感を発揮します。

 

あまりに派手なペア腕時計は顰蹙を買うかもしれませんが、このシンプルな腕時計ならそうした事態も避けられるでしょう。

 

 

 

ダニエルウェリントン 腕時計と価格
多くの方が気になる腕時計の価格ですが、ダニエルウェリントン 腕時計は数万円で購入できるためリーズナブルな腕時計として知られています。

 

もちろん種類によって価格は異なりますが、大体このくらいの予算を用意しておけば問題ないでしょう。

 

数十万円数百万円と出す必要はないため、普段使いとしても魅力的ですし、ダニエルウェリントン 腕時計は使う場面を選ばないこともあって非常に浸透しやすい腕時計として設計されているのです。

 

 

また、ダニエルウェリントン 腕時計のベルト部分は交換しやすくなっていますが、このベルト自体もそれほど高価ではないため、付け替えたくなったら付け替えられるメリットも大きいでしょう。

 

 

 

ダニエルウェリントン 腕時計の魅力とまとめ
このように、シンプルなデザインながら高級感溢れる存在感こそが、ダニエルウェリントン 腕時計が持つ最大のメリットといえるのです。

 

ベルト部分も付け替えやすいため実用性も高く、大人な人物である証明にもなるでしょう。

 

サイズを調整しやすいのもダニエルウェリントン 腕時計が持つ魅力の一つなので、まずは一つ購入してみましょう。

 

更新履歴